古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!』

マンガ家の古泉智浩です。ココログより引越ししました。

体験 加圧式トレーニング

 水道橋博士さんの著書『博士の異常な健康』に紹介されていた加圧式トレーニングの体験に新潟大学へ行ってきました。

 加圧式トレーニングとは、腕や脚の付け根を締め付けて血流を下げることによってトレーニング効果を上げ、また成長ホルモンの分泌をうながすトレーニング方式で、オリンピックのメダリストや宇宙飛行士も取り入れているそうです。

 なんでも、大の大人の一流アスリートが悲鳴をあげるとの評判だったので、事前の食事も控えめに、空手から1日おいての日程調整で挑んだところ、待ち合わせ時間の2時45分を3時45分と勘違いする大失態を犯し、非常に気まずい気分で、もしやそれで怒りを買ってよりハードな体験メニューを用意されているのでは、と恐る恐る大学を尋ねました。

 ネットで調べたところ、新潟で窓口になっているのがその先生だけで、試しに電話をしてみると、随分気軽な感じで、だったらいついつ来て下さいといった感じであった。

 待ち合わせ場所に現れた先生は、お酒がすきそうな浅黒い顔色でそれでいて目がギラギラと輝いておりました。薄ら寒いトレーニングルームに案内していただき、早速体験コースが始まった。

 今回は足の加圧を体験するということで、加圧してない方と比較するために右足だけを加圧した。太ももの付け根を伸縮性のあるマジックテープ付きのバンテージみたいなひもでぐいぐいときつめに巻きつけた。歩いてみるように言われ、室内をぐるぐる歩き回ると、ほんの短い距離なのに、汗がじわりと滲んできて熱くなって来た。しばらく歩いて、足に触ると筋肉がぱんぱんだった。ほんのちょっと歩いただけなのに! 断って自分からスクワットしてみたら、いきなり効いて来る感じがして加圧式の凄さが実感できた。

 体験メニューはそれだけでした。やっぱりいきなり未経験者を捕まえて追い込むようなことはしなよね。

 加圧式トレーニングの器具で初心者用の『筋力アップくん』は腕用、脚用合わせて10万円くらいと非常に勇気のいる値段である。でもその先生に申し込んで購入すると適正な加圧ポイントに印をつけてくれるそうで、さっそく購入の申し込みをした。早ければ来週の頭には到着するそうだ。

 7月にある空手の大会に出場したいと思っていて、それまでになんとかスピード、スタミナ、パワーの向上を図りたく、その肉体改造には加圧式トレーニングが最適だと睨んでいて、いつのまにか強くなって、まずは道場の人たちをびっくりさせたい。

 カメラを持っていくのを忘れて画像で紹介できないのが残念ですが、来週器具が届いた際には撮影させてもらおうと思います!

加圧トレーニング本部ホームページ