読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!』

マンガ家の古泉智浩です。ココログより引越ししました。

昨日TBSラジオ『日曜日の秘密基地』に出た

 日曜日午後1時から放送している伊集院光さんの番組です。そうは言っても、関東ローカル番組なのでオレはまだ聴けてません。それに、リスナークイズになっているコーナーへの一般申し込みで出させていただいたので、事前に自慢も宣伝もできず実に苦しかったです。

 伊集院光さんには以前、昨年絶交を解いた友達と一緒にTBSラジオで『深夜の馬鹿力』の出待ちを試みて、敢え無く伊集院さんの乗ったタクシーが目の前を通り過ぎていくという失敗があって、その後リスナーとして地道な贈り物などして『チェリーボーイズ』の帯で照会文を頂戴し、更にその後日大芸術学部の学園祭で出待ちをしてお礼を述べつつ自己紹介したら移動の車に乗せていただいたというのが確か2002年の事であったと思います。当時はまだリスナー暦も3年くらいのにわかファンでした。今はもう丸6年と、『深夜の馬鹿力』初回から2000年の7月まで聞き込んでいるので、そんなに恥ずかしいものでもないですよ。それになんと言っても昨年『渡辺校長の平成ハレンチ学園』で投稿が読まれて、番組特製トレーディングカードもいただきました!

 要は、『日曜日の秘密基地』における『打った勝ったで大売出し』のコーナーで『青春★金属バット』のDVD発売を宣伝させていただくのに、かこつけて伊集院さんにお会いしたいと、それがメインの目的でした。単なるキモリスナーがどうにか口実をこしらえて、いろいろな人に協力をお願いして東京まで出かけて行ったというのが本当のところです。

 『打った勝ったで大売出し』のコーナーは、伊集院さん率いる若手芸人軍とPRしたい人が3打席対決をして、進塁した数に応じて宣伝をさせていただくというもので、もし進塁が0な場合は名乗ることすらできないというガチンコ対決です。

 なので、オレは野球は全然ですので、他に誰か強打者をお願いしないと勝負になりません。第一候補は『青春★金属バット』に出演していただいた上地雄輔さんでした。上地さんはなんと横浜高校松坂大輔選手とバッテリーを組んでいた程の超一流の経歴を持った人で、現在は役者として超人気ドラマ『ハケンの品格』にご出演されています。原作者でマンガ家と言ってもこんな端くれもいいところであるオレなんかの申し出に随分前向きに検討していただいたのですが、ドラマの収録が重なってしまい不可でした。他にオレが頼れる野球関係なんか別にないですし、一文もお金が出るわけでもないので本来ならば映画原作マンガ連載し出版していただいた秋田書店さんにお願いするところであるのですが、現在版元を変えて流通している事情からも図々しいお願いがしづらい状況で、だったら青林工藝舎関連から強打者を紹介していただけたらとも思ったけど、体育会系な人なんて誰もいないです。その代わり、オレに『深夜の馬鹿力』の録音MDをいつも供給して下さっている志村さんが応援に駆けつけてくださいました。最悪自分で打つことも考えたのですが、それでは番組としても面白くないですし、どうにかしないと却下されてしまう可能性すらありました。このブログで強打者を募集する事も考えました。

 映画には丸っきり何の関わりもないのですが、現在頻繁にお世話になっている双葉社の担当である平田さんに相談したところ、後輩の山上さんを紹介してくださって数分で話がまとまりました。山上さんは相模原高校のご出身で高校野球では地区予選一回戦敗退という、横浜高校で全国優勝の上地さんとは天と地ほどの経歴でしたが現在も草野球をされており、出版系の野球大会で最優秀打者として表彰されるほどのスラッガーとの頼もしい選手でした。後に、その大会は下手投げの女の子を完膚なきまでに打ちのめしての成績だった事が判明しました。

 収録当日、品川駅で待ち合わせをしてタクシーで野球場に向かった車中では、山上さんはオナニーをお風呂でして奥様にばれたり娘さんにばれそうになったりという大変面白いエピソードを紹介して下さり、またオレが新幹線で読んでいた週刊大衆の「名古屋No.1キャバクラ嬢拉致監禁レイプ事件」の記事を「これ気になっていたんですよ〜」とむさぼるように読んでいました。自分の会社で出版している雑誌なのに!!

 すでに集合時間に遅刻してしまい、やっと野球場に到着すると伊集院さん率いる若手芸人軍は練習を始めておりました。スタッフの方に段取りを教えていただき、山上さんはスーツからユニフォームに着替えて10球くらいでしょうかバッティング練習をして、何発かいい当たりを出して、その後収録が始まりました。

 伊集院さんが我々のベンチを訪ね、自己紹介とPRしたい内容などを話しました。伊集院さんはとても親切に言葉を拾ってくださり、ご自身も絶妙の面白い言葉を述べるという見事な話芸を展開されました。我々のベンチはオレ、山上さん、双葉社の平田さん、青林工藝舎の志村さん、新潟を代表するフリーターの永島くんの5名でした。伊集院さんは若手芸人軍を集め、何か喋っていよいよゲームが始まりました。

 ピッチャーは1打席目は空振りの後、凡打で内野ゴロでアウトでした。1打席ごとに伊集院さんは我々と芸人軍を尋ねて会話を収録しました。

 2打席目は見事なセンター前ヒット! 我を忘れて歓声を上げてしまいました。正直なところ伊集院さんにお目に掛かれただけでもう相当嬉しさ満腹だったのですがこれにはテンションが上がってみんなで山上さんをハイタッチで迎えました。これで宣伝も放送されます!!

 更に期待が高まる3打席目は初球デッドボールで、はて?と思ったのですが進塁と認められるとの事で「わーい!」と喜びました。

 これで終わりだったのですが、最後にみんなで伊集院さんと写真を撮っていただきました。キモヲタ冥利に尽きます。オレにとってはハロヲタの娘。ハワイツアーに匹敵するかそれ以上の嬉しさです。実は山上さんも伊集院さんのファンで、伊集院さんとみうらじゅん先生の名著『D.T.』を持参していらしていて、サインをしてもらっておりました。

 その後の収録も最後まで見学して、持って行ったグローブでキャッチボールをして、お昼を食べながらビールを飲んで分かれました。今年は一番の出来事がもう終わってしまったかもしれないです。伊集院さん、若手芸人の皆さん、TBSラジオの皆さんどうもありがとうございました。それから山上さん、平田さん、志村さん、永島くん、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 放送は昨日の1時台だったのですが、その時間のこのブログのアクセス件数が大変な事になってました。普段は150人くらいの来訪で300前後のアクセスなのですが、この時間だけで158件ものアクセスがありました。早くラジオ聴きたいよ〜。2007y02m19d_004033640