読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!』

マンガ家の古泉智浩です。ココログより引越ししました。

ヤマダポイントが貯まらない

 近所のヤマダでポイントを貯めてPS3を買うのを目標に頑張っているのですが、大きい買い物をしようとするとなんか嫌になって結局よその店やネットで買ったりしてしまいます。そんなに大層な買い物じゃないですけどね。

 一回目はBSアンテナの立替をしようとして、2回目は昨日なんですが、母の日が近いのでエアコンを買おうとしました。どっちもポイントは工事が必要なところです。

 接客する店員がアンテナの時は若い二十歳くらいのお兄ちゃんで、愛想はとてもいいのですが、何か尋ねるとちょっと待ってくださいと言って他の店員に聞きに言くんですよ。その間椅子を勧めて座らされて、ずいぶんな時間ほったらかしでした。座らせてくれるだけ丁寧な対応かもしれないですが、こっちはとても暇です。それで、座っているのも嫌になってテレビを見たりしていたら、そのお兄ちゃん、他の接客をしてました。「やっぱりいいです」と言って、帰って自分でアンテナの配線を付け替えたら、用事が済みました。結局買わなくてよかったです。

 それで、昨日はエアコンを買おうとしたところ二五歳くらいのお姉ちゃんが胸に「やわらかい対応」というような名札をつけて応じてくれました。また椅子に座らされて、工事がいつとか他に必要な料金の話をしました。エアコンというのは、本体は随分安くなっていて、7万円くらいのを買おうとしても前の取り外しや、壁掛けの器具や、工賃やなにやらで2〜3万上乗せされるみたいで、オレは計算がとても苦手なんですよ、なので結局いくらになるんですかと聞いたら、レジをすごい勢いでずっとピピピピ押しているんですよ。電卓が置いてあって、あんまりずっとレジをやっているんで「あの〜、大体の合計を出してもらえばいいんですけど」というと、またあれですよ、他の店員に聞きに行って戻らなくなってしまいました。なんだこりゃ。それで、近くの冷風機や何かをぶらぶら見ていると、店員が戻ってきて、いくらいくらって言いました。すっかり嫌になって、「じゃあまあもうちょっと検討してみます」と言うと「キャンセルですか」とムッとして言ってました。

 エアコンの中では特に安いのを選んで買い物しようとしてますが、10万近い出費をしようというわけですよ。気分よく買い物したいじゃないですか。だったらヤマダなんかに行かなきゃいい?確かにそうですね。オレがジャージの短パンにチェックシャツ、素足にサンダルという珍妙な格好だったのがいけないのか、そうかもしれないですけど。少なくとも昨日はヒゲを剃ってましたよ。

 それで、コジマに行ってみたら、店員のエヴァンゲリオンみたいな体形のおじちゃんが、やたら丁寧に説明してくださってすっかり買いたくなって見積もりを出してもらいました。本体はヤマダよりちょっと高めで、工賃はヤマダよりちょっと安く、結局ヤマダの方が安いですが買い物したくなるのはコジマだなと思って帰りました。母に話すと結局今物置化している事務所のエアコンを母の部屋に移すのが一番いいのではないかという事に落ち着きました。