読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!』

マンガ家の古泉智浩です。ココログより引越ししました。

『キルビル』を見返した

映画・テレビ

 『キルビル』の1が本当に大っ嫌いで、こんな映画をもてはやす連中にも怒りを禁じえなかったのですが、『イングロロリアス・バスターズ』の公開に先立って予習的に見返しました。2は好きだったんですよ。結末なんて特にめっちゃくちゃ渋くてかっこいいじゃないですか。トレーラーハウスの格闘場面も、裸足でそんな暴れたら蛇に噛まれるでしょ!と本当にハラハラしました。

 1の何が嫌いかと言うと青葉屋の場面です。2のトレーラーハウスと対極にあると思うんですよね。雑魚が何人出て来たって、ユマサーマンが負けるわけないんでしょって感じで見ていてだるいとしか思えませんでした。争いを描いているようでいて、こんなのは争いではなく踊りと一緒だとしか感じなかったです。争いの精神なんか欠片も描いてねえよと思っていました。特に頭に来たのは日本刀による剣げきと、カンフーの剣のアクションを完全に混同しているとこでした。アメリカ人にはそんなの見分けがつかないんだろと思いました。オレはこれでも剣道2段を持っているので、そんな日本刀を貶めるような表現に心底腹が立っていました。

 ここまでの印象は公開時で、それ以降見返す事もなく現在に至っていて、その間に自分にも変化があり改めて見返したところ、随分印象が変わりました。

 剣道をしていた時は、刀で人を切ることを夢想して取り組んでいて、実際に日本刀に触れたことはなかったのですが、その重さや、剣の繊細さに想像をめぐらせていました。なのでカンフー同然の雑な扱いに腹が立ったわけです。大分前なのですが、『所さんの目が点』という番組で日本刀が取り上げられていました。剣道の達人が日本刀を使ったらまともに物が切れないということを伝えていました。そもそも竹刀と日本刀はまったく違っていたのです。剣道では竹刀は叩くもので、刀は切るものであるという違いでした。なので、オレがいくら想像を巡らせても、何も分かっていなかったという現実を突きつけられ愕然としました。『ハイランダー』や『ブレイド』にもイライラしていたんですが、オレにはあんまりイライラできる資格がなかった。

 それで改めて『キルビル』1と2を通して見た所、沖縄と青葉屋はやっぱり好きになれなかったですが、他の場面はとても面白かったです。タランティーノ監督のヲタ趣味で適当に構成された映画という印象だったのですが、真剣に面白いものを提示しようという真摯な姿勢を感じました。沖縄や青葉屋が嫌い過ぎて目が濁っていた。

 沖縄や青葉屋のふざけた場面も、方向性がふざけているだけで、決してふざけて作っているわけではなかったです。かっこよく撮影して凝りに凝った場面もたくさんありました。頑張っていました。ユマサーマンのアクションも素晴らしかったです。栗山千明が鉄球にアップアップしてるじゃんよとバカにして見ていたんですが、改めて見たらそうでもなくかっこよかったです。タランティーノは日本と香港の見分けが付かず、ふざけた場面として、オレが大人になって楽しめればいいんだと思いました。しかしまだもうちょっと二皮くらい剥けないと難しいです。それか、オレがニュージーランド人かカナダ人かロシア人か何かであんまり関係ない土地の人間だったら全然面白く見れたはずなんです。実際アメリカの場面はどんな変でもあんまり分からないですもんね。

 ちょっと意地悪な見方をすると、タランティーノさんはアメリカ人じゃないですか、日本と中国の場面とそれ以外のバランスが悪すぎるんですよ、そこは踏み込めない部分を感じて、それでふざけた表現に逃げたのかなとも思えます。アニメの場面もエクストリームすぎて全然好きじゃないですが、そうやって表現を過剰にして何か見透かされてしまうのを恐れているような感じもしなくはないです。オレも何か自信のない表現をしようとすると、やってしまうかもしれないです。

 見返す前、1は全体的に嫌いだったんですが、黒人の暗殺者と戦う場面や病院の場面なんて抜群に面白かったです。2はアクションの素晴らしさもさることながら、初めて会う4歳の娘を抱きしめることの幸福感なんてオレにもたまらない場面でした。ユマサーマンが埋められる場面もすごく面白かった。

 トレーラーハウスに暮らす、マイケルマドセンが、オレは罪を背負って生きていくんだと語る場面なんかも最高にいいじゃないですか。そのくせ、その直後に反撃しますもんね。半蔵ブレードは売ったと言いながらゴルフバッグに入れてあるし、人間臭さが大爆発してますよ。おしゃれでかっこよく描かれていますが、この映画は汚らしい人間ばっかでいいです。逆に癒されます。沖縄と青葉屋はやっぱり好きにはなれなかったですが、とても面白い映画だったと思いました。でもどうなんでしょうね、青葉屋を軽い乗りで面白いと言っている人と意見が合うかと言うと、多分合わないかな。オレ、うるさいですか?