読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!』

マンガ家の古泉智浩です。ココログより引越ししました。

ギブスをなめていた

 誰かがオレのすねにコンクリートの固まりをゴリゴリ押し当てている。嫌だなあ、誰がそんなことしてるんだよ、そんなことしなくていいじゃないか。あまりのことではあるが冷静に受け止めて意図や原因を探ろうとすると過去にひどい態度で接してしまった人々の影が去来してすっかり力が抜けてしまう……と思っていたらギブスの堅いところがすねに当ったまま寝ていて見た夢でした。横になっていても、変な角度で足を着いているとギブスの中の角がすねやくるぶしに当ってけっこう痛いんですよ。

 ギブスってだた固定するだけで動きが制限されてしまうくらいだろうと思っていたんですが、大間違いでしたよ! 特に足のギブスは足を心臓より高く上げていないとむくんでしまい、ギブスの中で足がパンパンになるんですよ。これがすごい気持ち悪いんです。むくむと一体どのように体に悪いのか今ひとつよく分かっていないんですけど、ただ事では済まない雰囲気がムンムンしていて、慌てて足を高々と上げて保冷剤をふくらはぎに当てて小さくします。ギブスから出ているつま先もぷっくり腫れて怖いです。

 それから痒みも厳しいです。耳掻きの長いのを届くまで一番奥に突っ込んでポリポリ掻くと、まあ気持ちがいいんですが、中で傷ついてばい菌が入ったら大変じゃないですか。程ほどにしようって切り替えが非常に困難です。『フレンチコネクション2』でジーン・ハックマンがヘロインを欲しがったくらい掻きたくて禁断症状が出ます。かゆみも冷やすと大分治まるんですけどね。

 だったらギブスの選択は失敗だったかと言うとそうでもないんですよね。手術で金具を入れるのは、仮にも手術だし相当痛みが残るそうなんですよ。ギブスがあるお陰で、足を着いて歩く事ができるようになりました。変な蟹股で無様な小股歩行ですが、杖を使わずに歩けるのは嬉しいもんですね。外出したら靴が履けないから松葉杖使うけど、うちの中で壁や手すりがあればそんなに危なくなく歩く事ができました。

 歩くだけでなく、恐る恐る試してみたらスクワットやデッドリフトもできるんですよ。蟹股のポーズなので。火曜日は加圧トレーニングを軽く試してみたらいけました。なので30キロ分のバーベルを出して今日はバーベルのトレーニングをやってみました。ジムに行ってやるには及ばないですが、寝たまま過ごすよりは断然ましです。負荷が少ない分、回数を多くしてみました。

 運動なんてやって余計に怪我するんじゃないかとも思うんですけど、カルシウムのサプリメントをただ採ってもダメで運動もしないと吸収されないとネットに書いてあるんですよ。それに半信半疑なところはありますが、加圧トレーニングは成長ホルモンが200倍出るとか出ないとか言われていますよね。200倍って、なんだその数字!逆に意味が無さそう! でもどうにかして驚異的に回復して早くギブスをとりたいんですよ。

 昨日は近所の整骨院に酸素カプセルをやらせてもらいに行ってきました。日韓ワールドカップの時にベッカム選手が骨折の治療に使って、驚異的に回復して試合に復帰したとか言っていた酸素カプセルですよ。普通よく聴く話では、酸素が入ると途端に眠ってしまい、持ち時間が一瞬で過ぎてしまいかつて味わった事のない爽やかな目覚めが訪れるということでしたが、まるで眠れず持ち時間の1時間がひたすら退屈でした。1回30分で千円ですが、治療もセットで2千円掛かるみたいなので、できれば毎日した方がいい、一ヶ月くらいなんて言われたら尻込みしました。これはいいかな。

018
          爽やかな目覚めがあればまだしも、退屈で苦痛!

 運動とサプリメントで驚異的な回復を目指したいです。というのも、むくみが怖くてマンガを机で描けないじゃないですか。足をインド人みたいに首の後ろにぐるっと回して引っ掛けるポーズができれば椅子でマンガ描いても大丈夫ですが、そんなの描きにくいし、そもそもできないです。

 余談ですが、ブーツも足首が動かしにくく足がとにかくむくむという話を聞きます。テキサスの社長がよく足をデスクにでーんと乗せて偉そうな態度を取りますが、あれって足がむくんでいてそうやっているという説はないですか? 彼らは尊大に見えるけど実は足がパンパンに膨れていて辛い思いをしているのかもしれないですよ。

 とにかくギブスを早くとりたくて、そうでなければ以前買ったタブレットPCコミックスタジオを入れて寝転んだり足を机に上げて、腿にPCを置いて描くとかしてなんとか仕事できるようにしないといけないかなと思っております。画板を使うとかでもいいかもしれないですが、さっさとギブスを取り外せればそれに越した事ないんです。

017a
          ブログ書くのもこんな格好だよ。画面が遠くて目にいいぜ!