読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!』

マンガ家の古泉智浩です。ココログより引越ししました。

5月6月に見た映画と上半期ベストテン

 2ヶ月に一度ずつ見た映画報告をしているんですが、こんなの需要があるとも思えないけど自分が後から見返して確認する意味もありこうして7月も下旬に至っているにもかかわらず発表します! ブログの更新自体がけっこう手抜きになってもいるのでむしろ頑張ろう。

○5月
英国王のスピーチ』(★★★)
『劇場版神聖かまってちゃん』(★★★)
ブラックスワン』(★★★★)
『八日目の蝉』(★★★★)
『わたしを離さないで』(★★★)
ファンタスティック・プラネット』(★★★)
『アンノウン』(★★★)
『ラストターゲット』(★★★★)
『マイ・バック・ページ』(★★★★)
『SOMEWHERE』(★★)

○6月
X-MENファーストジェネレーション』(★★★★)
『監督失格』(★★★★)
『アジャストメント』(★★★)
さや侍』(★★)
『ロンゲストヤード』(★★★)
『スカイライン』(★★★)
『スーパー8』(★★★)
『ロシアンルーレット』(★★★)
『127時間』(★★★)
『狂った野獣』(★★★★)
『エイリアン』(★★★)

 去年の『バットルーテナント』や『ヒーローショー』など、自分にとってどれだけ重大かという意味ではそこまでの映画が今年はなくてちょっと寂しい思いもしているんですが、それ抜きでも傑作、充実作がかなりあって、★★★★クラスは充分そういう映画です。『X-MEN』は2回見に行ったし、『マイバックページ』『ブラックスワン』ももう一回行っておけばよかった。試写会で見た『監督失格』はとてつもない映画でしたよ! 映画は試写会があってもネタバレ規制や情報解禁NGみたいな曖昧なラインがあるので、うかつな事が言えないのですが、絶対に皆さん見ていただきたい!

 『さや侍』は本当につまらなくて寝そうだったんですが、重要な場面で竹原ピストルさんが素晴らしいパフォーマンスをするので劇場で見れてよかったなーと思いました。

 さて、川崎タカオさんとやっているポッドキャスト『三平映画館』で特別編として上半期ベストテンを発表しました。公開前の作品は入れておりませんが、9位までは順序関係なくどれも素晴らしい傑作と胸を張って言えます。順番は特にオレが応援したい順でもあります。DVDや名画座などでぜひご鑑賞いただきたいです。

○オレの上半期ベストテン
1位『グリーンホーネット』
2位『ザ・タウン』
3位『スプライス
4位『X-MEN ファーストジェネレーション』
5位『ブラックスワン
6位『マイ・バック・ページ』
7位『八日目の蝉』
8位『ザ・ファイター』
9位『ソーシャル・ネットワーク
10位『バーレスク

 理由はポッドキャストでたっぷり話させていただいております!

 先日、『月曜日の四様』で中原昌也さんが上半期のベストは『キラー・インサイド・ミー』とおっしゃっておりましたが、新潟やってないよ〜。公開がとっくに終わってるし!東京で見ればよかった。