読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!』

マンガ家の古泉智浩です。ココログより引越ししました。

『JR中央線あるある』トーク&サイン会、『よるひる映研8』上映会

イベント 書籍・雑誌 自主映画

 ライターの増山かおりさんが初の著書を出版する記念でトークイベントがあります。中央線にまつわる書籍であったため、新潟在住の立場にありながらも中野には20代の6年間お世話になった男でもあり、今もアパートを借りている立場で中野を代表する漫画家としてトークイベントに誘っていただきました。中野を舞台にした漫画を販売させてくださるとの事でしたが、惜しい!中野を舞台にした『悪魔を憐れむ唄』は2月24日の発売です。

 

JR中央線あるあるトーク&サイン会 JR中央線あるある』(TOブックス) 刊行記念

 

オレンジ色の車体でおなじみ、JR中央線

車窓の気になる風景や、沿線に住む人々の人間模様、駅や電車にまつわる雑学まで、中央線ユーザーなら思わず「あるある!」とうなずいてしまうネタを詰め込んだ『JR中央線あるある』の刊行を記念して、著者の増山かおりさんと、中央線を拠点に活動している4名のマンガ家さんによるトークショー&サイン会を行います。

中央線を舞台に生まれたあの作品の秘密や、「中央線文化」の正しいこじらせ方まで、東京〜高尾間の53.1kmに渡る日本一ディープなエリアの魅力に迫る一時間!

 

日時:2014年2月9日 (日) 14時00分~(開場:13時30分)

会場:八重洲ブックセンター 本店 8F ギャラリー

参加費:無料

募集人員:80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。

申込方法:申込書に必要事項をご記入の上、1階サービスカウンターまでお持ちください。申込書は同カウンターにご用意してございます。また、お電話によるお申込みも承ります。(電話番号:03-3281-8201)

主催:主催:八重洲ブックセンター   協賛:(株)ティー・オーエンタテインメント(TOブックス)

 

《講演者紹介》

増山かおり(ますやま かおり)

〈ライター〉 「JR中央線あるある」著者。『週刊SPA!』『るるぶ』『散歩の達人』等に寄稿。高円寺のフリーペーパー『SHOW-OFF』にて「高円寺ダンディー」を連載中。

 

川崎タカオ(かわさき たかお)

〈漫画家〉 イラストレーター&たまに漫画家。著書に「へたれチキン」「きまぐれな輝き」「待ちぼうけ紳士」。

 

古泉智浩(こいずみ ともひろ)

〈漫画家〉 コミックビーム『悪魔を憐れむ唄』連載中。池袋コミュニティカレッジにて池袋マンガ教室開催中。著書に、『青春★金属 バット』。

 

 羽生生純(はにゅにゅう じゅん)

〈漫画家〉 主な著作物に『恋の門』『俺は生ガンダム』『青(オールー)』『千九人童子ノ件』『いってミヨーンやってミヨーン』『無法使いアッポちゃん』。

 

なかむらみつのり

〈漫画家〉 1999年ヤングマガジンギャグ大賞 優秀賞受賞「ハゲ60W」にてデビュー。代表作「びんぼうまんが家!都内で月3万の3DKに住んでます」「出版業界すっとこ編集列伝」。

 

企画/司会…テリー植田

東京カルチャーカルチャー・プロデューサー

高円寺タウンマガジンSHOW-OFF編集部

 

※講演会終了後、会場にて書籍をご購入いただいたお客様を対象にサイン会を実施いたします。(当日販売する「JR中央線あるある」及び漫画家の方の関連書籍に限ります。お持ち込みの本・色紙・グッズ等へのサインはできません。)

 

ツイッター

JR中央線あるある』発売記念無料トークショー&サイン会決定!2月9日(日)14時開演、古泉智浩さん、羽生生純さん、川崎タカオさん、なかむらみつのりさんご出演です!http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/2950/

 

 

JR中央線あるある

JR中央線あるある

 

 

 

悪魔を憐れむ唄 1 (ビームコミックス)
 

 

 

 よるのひるね映画研究会は昨年は年2回の開催でしたが、回を重ねて8回目となりました。この活動の成果として年末の『ポーラーサークル未知なる漫画家オムニバス』に至ったわけですが、元々は初心者対象のショートムービーのワークショップで、その活動の足を止めるわけにはいかないのです。

 

 今回も多くの人に参加していただいて、30本くらい面白いショートムービーを上映します。面白くなくてもすぐ終わるのでご安心ください。自主映画と言えば大体面白くないのがスタンダードであることは否めません。自分の作品をもしかしたら面白くないばかりか、見る人に苦痛を与える代物であるかもしれないなどと疑いを持つことからは、なるべく視線を外していたいと言うのが人情というものでしょう。しかし、他の媒体と違って映像作品が面白くない場合の苦痛は尋常ではないんです。なので初心者はなるべく短い作品をおっかなびっくりしつつ作るくらいがちょうどいいと思うんですよね。それで上手になってから、そろそろ嫌がらせみたいな作品ではないレベルに到達したなと手ごたえがあったら、長いのを作るといいと思います。

 

 よるひる映研は安心して見れる自主映画の上映会であると自負しております。

 

○よるひる映研8上映会

参加:羽生生純枡野浩一門田克彦タイム涼介奈良崎コロスケピョコタン、モリミキ、村田貢司、宮下拓也、森一生尾上龍太郎、きんたま画伯、カワシマン

2/11火祝16:00open

予約1000+1d500 当日1300+1d500 

予約は03-6765-6997 or yorunohirunepro@gmail.com 阿佐ヶ谷よるのひるねまで

 

よるひる映研傑作選DVDブック―ささやか映画の世界スペシャル

よるひる映研傑作選DVDブック―ささやか映画の世界スペシャル