読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!』

マンガ家の古泉智浩です。ココログより引越ししました。

古泉智浩ネーム教室in漫画空間

マンガ製作 イベント

 漫画家の深谷陽さんが店長を務める漫画喫茶、高円寺漫画空間というお店があります。ここは漫画喫茶と言っても、世にも珍しい漫画を描くための漫画喫茶で、漫画を描くための設備が整っております。

www.mangakukan.com

 

 池袋マンガ教室の第9期の申し込みがさっぱり集まらず中止となっており、その代わりというわけではないですが、池袋マンガ教室ではできなかったことをやらせていただくこととなりました。初心者向けの教室ではなく、本格的に漫画家になりたい人向けに超実践的にネームのワークショップをします。池袋の経験で学んだことがあります。締切があると人は漫画を描くという当たり前のようで、しかし自力で締切を設けるのはなかなか難しいものです。池袋は四コマやショートなのですが、漫画家を目指す人は新人賞に応募するのが大半なので、読み切り漫画のネームを教室の時間内にやっていただきます。16~24ページといった分量のネームを5時間で考えます。

 

 いきなり5時間でネームを描こうというわけではなく、3日間かけて、そこは段階を経てやります。

 

①11月23日(月)13時~18時 プロット、箱書き
②12月7日(月)13時~18時 ページ構成、コマ割り
③12月21日(月)13時~18時 ネーム作製

定員5名 1回5千円(3回で1万5千円)

 

 1開催ごとに2週間あるので、その間に直したり、進める人は先に進んでいただいても構いません。できるひとはこの期間に2本でも3本でも描いていただくのもいいと思います。毎回、じっくりディスカッションして少しでも作品の内容を高めるようにします。なので、多くの人は見れないので、定員は5名です。幸いな事にもう現時点で4名の申込みをいただいております。満員だと思ったら一人申し込みが重複していました。あと一人分なので、お早目に!

 

 新人賞の奨励賞は最低でも取れるネームを目指します。オレは新人賞は7回取ってますので、そこは自身があります。実際こんなのは自慢にも何にもならないんですよ。普通は1回新人賞を獲ったらその雑誌で連載をして単行本を出すのですが、オレはその実力がなくどこに行ってもプロ未満の新人扱いされていただけなんです。賞を取るのはそんなに難しくなく、そこそこきちんとしていれば賞は取れます。

 

 お申し込みは漫画空間のTwitterまでお願いいたします!

twitter.com

 漫画空間は他にもいろいろな教室が開催されているので、漫画家を目指す人はチェックだ!!