読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!』

マンガ家の古泉智浩です。ココログより引越ししました。

最近の音楽あれこれ

音楽

 先週はミドリカワ書房のライブ、銀杏BOYZのDVD、それから今月に入ってずっとやっていたituneにある曲を4769曲を全部聴く運動がようやく区切りのつくところまで来たので、そんなこんなについて作文をしてみたいと思います。

 4月26日にミドリカワ書房のライブをJUNKBOXminiで見ました。お世話になっているBook of daysさんの薦めで、CDをお借りして聞いたところ大変よくて、上京する際に新幹線で聴いてました。歌がドラマ仕立てになっていて落語のようで面白かったです。付録のDVDも非常によくできていてこれまた面白かったです。ライブでは、本人の内面を音ネタで吐露するというのが陣内智則のネタみたいで面白かったです。万引きGメンの衣装に着替えたりと細かい芸がたくさんありました。MCはなぜかオネエ言葉で気持ちが悪かった。また、お客さんがライブハウスで見かけないような文系っぽい人たちで、ミドリカワさんのコールに対するレスポンスが大変大人しく控え目で好感が持てました。ボケ老人の主観で歌う『恍惚の人』、死刑囚の母への思いの歌『母さん』など重苦しいテーマの歌が特に心に沁みました。歌詞が聞き取りにくいと嫌だなと思っていたのですが、クリアな演奏でよかったです。

 サンプルで送っていただいた銀杏BOYZのDVD『僕たちは世界を変えることができない』を見ました。2時間半の超大作で、見るのが億劫だったのですが、見始めたらあまりに面白く最後まで一気に見てしまいました。圧巻だったのは屋外ライブの『人間』でした。峯田さんはMCでお客さんに一体になりたいんだと語り演奏を始めたと思ったら手拍子に対して「やめろ」と怒鳴ってました。峯田さんのアコースティックの弾き語りから始まって途中からバンド演奏がバーンと始まると、峯田さんが客席にダイブして拡声器で歌おうとするもののうまく行かず、客席を遠回りして脇の方から入っていくと見えなくなり、歌がないまま演奏が延々続いて次第にギターのチンさんが演奏を止めて髪を自分で挟みで切り出して、ベースの我孫子さんもおかしなことをして、ドラムの村井さんだけになりました。峯田さんはお客さんに紛れて拡声器が時折見えるだけになって、これはどうなるんだと思っていたら、チンさんと安孫子さんが演奏に戻ると峯田さんもようやく戻ってがなるように歌ってどうにか収束しました。なんかもう大変な演奏でした。
 GOING STEADYの解散から始まるドキュメントDVDでレコーディングから発売、ライブと続いて、そこで描かれているのはとにかく濃厚な人間関係です。それこそケツの穴の匂いを嗅ぎ合うほどの関係で、全編汗とヨダレが交じり合う様が記録されています。元から彼らは山形の同級生だったりで友達づきあいから始まって、現在進行形でバンドをやっているのです。友達であり、一緒に真剣に物を作って、商売をして、旅をしてと家族以上に濃すぎる関係です。そんな信頼関係が維持できるのが凄いし、感動するし、羨ましいとも思います。羨ましいけど、オレがそこにもし入れてもらえたとしてやっていけるのかというとまず無理で、多分みんなのことを嫌いになると思います。誰が悪いとかでなく、オレは一人っ子なのですぐに気持ち悪くなると思います。オレにはそんな信頼できる友達なんて一人もいない。上っ面のよそよそしい友達が数人いるだけ。なので、そういった関係を継続できる事が心底羨ましいです。なのでオレは頑張って貯蓄に励もうと思いました。
 おまけのコント仕立てのPVもすごく面白く熱の入った作りでした。オレの一番好きな『SEXTEEN』の演奏が収録されていないことだけが残念でした。

 ituneに4769曲入っているのですが、入れっぱなしで一度も聴いていない曲も多く、それは消化不良というものではないかと思ったわけです。しかも年末にマザーボードを交換した際にそれまでの履歴が全部消えて聴いた曲とそうでない曲も分からなくなったので、全部聴いてみる事にしました。なにしろ100円レンタルに飽かせてじゃんじゃん借りてはパソコンに飲ませていたものばっかりです。今日はJからKの辺りなんて言って毎日100曲くらいずつ聴いてました。そうやって無理やりに聞いているといろいろ気づくことがありました。
・80年代の真ん中くらいにはびこっているシンセのペタペタした音が心底苦手。中島みゆきの『36.5℃』と吉田拓郎のベストが特にしんどかった。
・トムウェイツはなんだかわざとらしい感じがして好きじゃなかったのだが、すごくよかった。
・ハローはアレンジの肌理がすごく細かく、なお大胆な音使いの曲が多い。
チェキッ娘は名曲が多い。
・フリッパーズやコーネリアスオザケンはやっぱりいい。
・60年代末から70年代の音楽は大体すごくいい。
・ソロになってからのYUKIちゃんは神がかり的にいい。
・ポールマッカートニーのソロもすごくいい。でも聴きたいと思うきっかけがない。
・全部聴いたからと言って何があるわけでもなかった。好きな音楽や興味のあるもの以外は入れない方がいい。
 これで一区切りついたので、本当に聴きたくい音楽をまた入れて行こうと思います。