古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!』

マンガ家の古泉智浩です。ココログより引越ししました。

ここ最近の『ワイルドナイツ』

 2月の発売なのに、とてもありがたい事にここ最近『ワイルド・ナイツ』を週刊アスキーさまとTVブロスさまでご紹介いただきました。

 週刊アスキーは新幹線に乗るときはほぼ必ず買って読んでおります。オレはパソコンが本当に好きで、しかしもっとハードな専門誌ではついて行けない程度なので、とても調度いいです。唐沢なをきさんや岡田斗司夫さんの連載も面白いですし、特にオレが注目しているのはSSDの値段の下がり方で最新情報に胸が躍ります。ビデオカメラや動画編集ソフトの特集もちょいちょいしてくれるので、自主映画に興味のある人は絶対に読んだ方がいいと思います。パソコンの自作に更に詳しい別冊アスキーもとても面白いです。

 TVブロスは東京に住んでいた時は毎号買っておりました。一時新潟長野版も出て、とうとう時代が来たかと思って大喜びで買っていたら間違って関東版を買ってしまい、あれ?と思いつつ次号を待っていたら、いつの間にか新潟長野版はなくなっていました。あんまり新潟では流行らなかったみたいでした。東京で読んでいた頃は石丸元章さんが連載されていた時期もあり、すぐクレームだらけで終わってしまったんですが、本当に面白かったです。

 週刊アスキーは7月7日発売号で、「私のハマった3冊」という書物に関するコーナーで、紙屋高雪さんが選んでくださっています。「お前は俺ですか、と声のひとつもかけてやりたくなる有様」とまで感情移入している感じでご紹介いただいております。ありがとうございます。

 そんなアスキーとは全く逆の批評を頂戴しているのがTVブロスの7月8日発売号で、井上佳子さんが取り上げてくださっております。主人公に対して「バカ過ぎてつっこみの言葉すら見つからない」「単なる最悪男のちょっとした頑張りと、そんな頑張りの無意味じゃんというやるせなさを綴っただけ?」と、最終的には否定ばかりではないのですが大変率直にご感想をいただいております。ありがとうございます。

 これまでネットなどでもあれこれご感想いただいて、オレのマンガを読むような人はよっぽどの目利きだというのが前提だと思うのですが、非常に好意的に書いていただいたのがほとんどで、むしろ困惑しておりました。井上佳子さんのような感想が大半ではないだろうかと事前に予想していたのです。それ以上に非難や批判を覚悟しておりました。オレは描いたことでとてもすっきりした気持ちで、だからあんまり評判にならず忘れていただきたいという後ろ向きな気持ちもなくもないです。

 改めて検索してみたら、なんとTVブロスで『特殊能力アビル』を連載されている、おおひなたごう先生までブログ「おおひなたごう◆SILVERY NOTE」で取り上げてくださっておりました! ありがとうございます!!!

・深町秋生のベテラン日記
・くりごはんが嫌い

 深町さん、カトキチさん、本当にありがとうございます!