読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!』

マンガ家の古泉智浩です。ココログより引越ししました。

ゴンズイに噛まれた②

(前回の続きです)

f:id:koizumi69:20150719043707j:plain

このゴンズイに噛まれた(ような気がした)

 

 妻を待っている間もずっと洗面所でお湯に手をつけていた、お湯がもったいないし、ガス料金も掛かる。風呂場から手桶を持ってきてそこにお湯をためてお湯がぬるくなったら交換することにした。1時間くらいつけていたせいか、痛みは元の指先にもどっていて弱まったような気はするけどまだまだ痛い。切ったりぶつけたりして怪我をした場合でも、動かしたり触ったりしなければ痛みは治まることが多い。しかし毒は、何もしないでじっとしていてもずっと痛いままだ。ペンチでずっとつぶされ続けているような痛みだった。コブラに噛まれた人の気持ちがなんとなく少しわかった。こんな恐ろしいことがあるとは、海は恐ろしい。自然も魚も恐ろしい。

 

 妻が戻って旅の宿草津の湯の粉末を傷にこすりつけて、手桶に溶かした。すると痛みが嘘のようにすーっと消えた……なんて事にはならず、ちょっと痛みが弱くなったような感じだった。旅の宿セットの中に草津の湯は2袋で、他の温泉もいろいろ入って箱詰めされていた。もう一つの草津の湯を、お風呂にお湯を張ってそこに溶かした。草津の湯の入浴も効くとあったのだ。普段はスズメの行水程度の入浴しかしないのだが、今回ばかりはじっくりと熱い湯に長々と入った。入っている間痛みは消えたような気がした。

 

 治ったか!毒をとうとうやっつけたか?と思い、普段使わない入浴剤を入れた風呂に長々と入ったせいで、全身が熱くほてり、汗が吹き出て止まらない。ちょっとくらい痛くなってもいいや、とにかくずっと洗面所で座っていて疲れたので部屋に戻ってベッドにバスタオルを敷いて横になることにした。お湯につけつづけていたため、指がおばあちゃんのようにふやけきっている。いつまでもお湯につけているわけにはいかない。冷房を効かせた部屋で、とにかく休みたかった。ちょっと横になっていると指が冷えるとともに尋常じゃない痛みがまたぶり返していてもたっていられず、洗面所に直行し45度のお湯にまたつけた。

 

 9時になると近所の外科病院が開くので、その前に妻に予約の番号札を採ってきてもらった。4番だった。9時になって病院に行くときも冷えると痛くなるため、カイロを指に巻いた。お湯ほどではないものの痛みは和らぐので助かりました。

 

 番号札は4番だったけど10時になってやっと呼ばれた。先生は「噛まれたんじゃなくて毒針が刺さったんでしょ」と患部を見ながら行った。あまりの痛みに噛まれたように思ったのだろうか。「棘が残っているんだな、開いて異物を出しましょう」と言って麻酔をうつその準備をしている間に、カイロ外しているせいで痛みがどんどん増して行って「先生また痛くなってきました」と訴えた。ベッドで横になって麻酔を打つ時「ちょっと痛いよ」と先生が言ったのだが、毒の痛さに比べると丸っきり比較にならない痛さだった。注射した途端、それまでの痛みが幻だったように消えた。その解放感は、過去に味わったことのないほどだった。

 

 「ちょっと血が吹き出るよ」「血で何も見えないな」傷をぐいぐい押しているような感覚があったけど怖いので見なかった。「あれ?異物ないな、でも中をきれいした方がいいから」と毒を綿で拭ってくれているのかなと思った。

 

 「ちょっと大げさに巻くよ」と言って包帯をグルグル巻きにしてくれた。麻酔は1時間で切れるそうで、その後の分の痛みどめをもらって帰宅した。

 

 1時間経って麻酔が切れると痛みどめを飲んでいても、少しジンジンしたので部屋で横になった。5時から9時まで洗面所で指をお湯につけていて、そんな生活からは解放された。親指を使えないというのはかなり不便なもので、ハサミが使えず、マウスの戻るボタンが押せない。ゴンズイは持って帰ってきており、包帯グルグルの指でなんとかハサミをつかって、背びれと胸びれの毒針を切って、母に煮つけてもらって食べた。味付けた濃かったので、どんな味かよく分かりませんでした。

 

 その日の夕方には痛みはかなり治まり、少しならパソコン作業ができるようになりました。とにかくゴンズイは恐ろしい毒魚です。この夏皆さん海に行った際は、くれぐれもゴンズイにだけは気を付けてください。オレはすっかり釣りも海も怖くなってしまいました。

 

[ゴンズイ対策のまとめ]

ゴンズイを釣ったらヒレに触れないように注意してリリースする

・毒があるのは背びれと胸びれの先頭の棘

・棘が刺さったら幹部を50度近いお湯につける

・できるだけ早く医者に行く

・噛まれても毒はない

・旅の宿草津の湯は効いているのかどうかよく分からない

・濃い味付けをするとどんな味かよく分からない

 

 

海人ゴンズイ (ジョージ秋山捨てがたき選集 第 1巻)

海人ゴンズイ (ジョージ秋山捨てがたき選集 第 1巻)