古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!』

マンガ家の古泉智浩です。ココログより引越ししました。

『悪魔を憐れむ唄』3巻は電子書籍のみ

 2013年くらいから2年間コミックビームで連載していて、2巻まで発売となった『悪魔を憐れむ唄』の3巻の電子書籍を作りました。2巻までは紙の書籍と、電子書籍で出していただいていたのですが、売れ行きがさっぱりで、完結の3巻が出ずじまいでした。電子書籍では出してもらえるとのことだったのですが、なかなか発売にならず、それも採算の見込みのない本をわざわざ作るのもモチベーションが上がらないのだろうと思って、「3巻は自分で作ります」と伝えると、3巻のみ発行元が違うのは都合がよろしくないようで、電子書籍全体の契約が解除となりました。なので、本当は1巻と2巻も自分で作らないといけないのですが、文字を打ち直したり、表紙を作ったりするのはけっこうな手間ですぐにというわけには行きません。 

悪魔を憐れむ唄 3 (日本海わくわくコミック)

悪魔を憐れむ唄 3 (日本海わくわくコミック)

 

 

 とりあえず、ここでは1巻と2巻をお読みいただいている方、もしくは1巻と2巻を紙で入手していただいて電子書籍の3巻を読んでいただくしかない状態です。

 

 

 

 しかし、自分で作ると言ったのですが、この通りモノグサであるため、3年くらい掛かってしまいました。同時期に単行本が紙で出なかった連載はとっくに電子書籍になっている。変な事言わなきゃよかった。そうなら、今も電子書籍の1巻と2巻は存在していて、こんな歪な状況に陥ることもなかったのです。

 

 ただ、改めて作業しながら読み返したら、ピン芸人のとーごさんと阿佐ヶ谷のカーボーイで作った劇中の漫才がけっこうおもしろかったし、当初の予定ではもっとダラダラした展開だったのが、打ち切りが決まったたため、ホラーの側面が強くなってストーリーがタイトになって、けっこうスリリングで面白かったです。

 

 この連載より後に始まったのにずっと売れている似たタイトルの漫画も存在して、そっちの読者さんが間違って買ったら申し訳ない状況なので、タイトルを変更しようとも思いましたが、そうすると3巻のみ違ったタイトルでますます混乱が生じてしまいそうで、そのままにしました。実は初めからあまりしっくり来てなくて別のタイトル案があります。もし、奇特な出版社さんが改訂版を出してくれることがあったら変更しようと思っています。

 

 描いている当時、地下芸人さんと親しくしていて、とても楽しかったのが思い出されます。ちょうどこの連載の最終回のあたりで、初めて里子を引き取ってそれから上京してもすぐ帰らないといけなくなってしまいました。それから更に下の子も引き取って、結果的に僕は今とても幸せなので、何ら不満はないのですが、もしこの漫画がもっと売れて続いていたらどうだったのだろうと考えることはあります。

 

 もっと売れたかったら売れている芸人の話にすべきだったのではないか、しかし負け惜しみみたいだけどそんな漫画は全然描きたくない。中野大喜利皇子という地下芸人の大喜利イベントに漫画家で出てそこで知り合った皆さん、ヨージさんとかすごい論とか、阿久津大集合さんとか、たけいともひろさんとか虹岡誠くんとか、きみえちゃんとか二階堂旅人くんの様子を描きたかった。阿佐ヶ谷プロットライブとか、客がオレ一人だったモストデンジャラスピンという中野TWLのイベントの感じを描きたかった。誰に頼まれて芸人になったわけでもなく、「辞める」と言えば惜しまれることもない、存在するのか存在しないのか気にもとめる人もあまりいない、だけど確かに存在する、存在していた、今も存在する、そんな地下芸人の世界を、そういう意味ではけっこう描けました。ホラー要素は、ホラーを求めて読んだ人には物足りないかもしれない。しかし、類を見ない形になっていると思います。

 

 そしてオレがお笑いに求めている、わるふざけや狂っている感じも描けたと思います。お笑いブームが長く続いて、お笑い芸人さん達のスキルの高さや、そつのなさ、空気の読解力、ありとあらゆる能力の高さが広く伝わり、バカであることもきちんと計算した上でなければならない感じ、特に高い同調圧力に順応しなければやっていけないところがもう嫌になってしまいました。芸人さんだけが出ているバラエティ番組は見なくなっているうちに、どんどん芸能に対する関心までもが薄れてしまいました。ネタバレになりますが、芸人として派手に失敗していく主人公を描けたのは、今読み返しても気持ちがいいです。破天荒な行為を描けてよかったです。

 

 売れる気がないのか、と言われると、非常にあります。しかし、自分の絵柄ではもはや売れないであろうことが薄々分かってきた。これまで手を変え品を変えやって来たけどダメだった。売れている芸人の漫画を描いたとしてもダメだと思う。これまで売れるつもりで描いてダメだった。これから先は売れないことを覚悟して描かなければならない。とてもつらい。そんな漫画を採用してくれる漫画雑誌はあるわけがない。ということは原稿料をもらわないで描かなければならない。でもまあ、もう50だし、これから先は老後ということで、ライフワークとして採算度外視でやればいいのか。いやでも、まだ下の子は1歳だし、そういうわけにもいかない。例えばnoteなどで自分で販売しながら描いてどのくらいの所得になるのだろう。ネットの漫画なんてお金払って読む人どのくらいいるのだろう。

 

 ……そういうわけで、長編漫画では最長の分量の作品となりました。まだまだ描いてみたい長編の企画はあるのですが、実際描けるかどうか分からないし、せいぜい1巻か2巻分ではないでしょうか。自分としては、なかなかの、かなりうまく描けた自信作であります。

 

 

悪魔を憐れむ歌 1巻 (バンチコミックス)

悪魔を憐れむ歌 1巻 (バンチコミックス)

 

 こちらの読者さんが間違って買ったら申し訳ありません。

 

暗黒映画入門 悪魔が憐れむ歌

暗黒映画入門 悪魔が憐れむ歌

 

お世話になっている高橋ヨシキさんの映画本。 

5月に読んだ本

 ブクログという読書を記録するサービスで、毎月読んだ本をこちらのブログに貼り付けているのだけど、それをまとめたのをHTMLにしてくれるのが終わってしまったのか、先月から案内がなくなってしまった。

 

https://booklog.jp/users/koizumi69/chart/2019/5

5月に読んだ本

https://booklog.jp/users/koizumi69/chart/2019/4

4月に読んだ本

 

 今年に入って積読状態になっていたKAMINOGEがようやく追いついた。4月は中原昌也さんの『パートタイム・デスライフ』がとても面白かった。本と雑談ラジオでも紹介した。

 

 4月から釣りを再開して、サゴシを何回もふっくしたのにバラしたり、竿が折れたりして2匹、5月に1匹つることができた。コンロのグリルをつかってじっくり弱火で長く焼いたら、小骨も食べられてとてもおいしかった。45センチのサゴシは家族みんなで食べられる。イナダが毎年同じ時期に釣れていたのだが、今年は来なかったと思ったら最近ポツポツ釣れているようだ。イナダも弱火で焼いて食べてみたい。

 

 3月と5月にハーフマラソンに出た。去年の秋に疲労骨折をしてからもう無理はやめることにして、ダラダラ走っていて、全然速くならないし、痩せもしない。体力もついているのかどうか全く分からない。大会はとても疲れたが、これまでに比べると翌日以降のダメージは少なかったようだ。

 

 今年に入って長く続いたPASマガジン『ところでここどこ』と、難波meleのフライヤーの四コマ『これがロックだぜ!』が終わってしまった。PASはずっと隔月連載になっていた。そして6月からVコミの『うちの子になりなよ』が隔週連載から月1になってしまうため、暇になる。さっぱり釣りにも行けないほど忙しかったからちょっと休みたい気持ちと、終わりの始まりではないかという恐怖がある。そろそろ長編漫画の準備もしたい。

 

 下の子が4月から保育園に通うようになって、あんまり風邪を引かず強い子だな~と思っていたら5月になったとたん風邪、リンゴ病、アデノと立て続けに風邪を引きっぱなしで、オレも風邪とアデノをもらって下痢したり寝込んだり、全身が尋常じゃない倦怠感と関節痛に苛まれてしんどかった。今もちょっと咳が出る。それというのも、子どもが「はい!」と言って食べかけのバナナや手づかみのうどんなどを差し出すので、無下に断って、他者に譲る精神の育成を阻害したら悪いと思ってのことで、健康と差し引きしてどっちがいいのだろう。まいった。

3月に読んだ本

 1歳の娘が保育園に通うことになりまして、とても生活が楽になりました。
 
 5年乗った日産マーチをこれからもずっと乗っていこうと思っていたのだけど、ちょうど10万キロの節目で中古のS660を見かけたらたまらなくなってしまって乗り換えてしまいました。長い釣竿が入らないし、荷物がまったく載せられず非常に困ったことになっております。でも運転がかつてない感覚で楽しいし、駐車場の軽自動車のスペースにとめられるのもいいですね。
 
 去年に続いて新潟ハーフマラソンに出ました。集合時間にもぎりぎりだったため最後尾からのスタートだったこともあってか去年よりタイムがさがった。ちんたら走ることに決めていたので当然の結果なのだけど、向上するどころか下降している事実が重く感じられ、悔しい。50歳になったばかりなのに50代の部で642位で全然よくもなんともなく、実力がまったくない。しかし50代はトータルで何人なのか不明、どうなっているのかよくわからない。来月は白根ハーフマラソンなので、もうちょっと気合をいれて取り組みたいです。
 
 読書は村上龍さんの『オールド・テロリスト』を買ったまま放置していたのを文庫本が発売されて、これではいけないと思って読みはじめたらとても面白くて、引き込まれました。かつては日本の全てを蔑むような視線で描いていた村上さんが弱者に優しいので驚いた。主人公が弱々しくてヒロインに手を出さない。
 
 
 
koizumi69の本棚 - 2019年03月 (5作品)
KAMINOGE 86
KAMINOGE 86
-
読了日:03月27日
評価4
powered by Booklog

2月に読んだ本

 液タブはカスタマーサービスに連絡したら交換してもらえました。保護シートは前のから新しいのに貼り移すと気泡がおびただしい数で発生して、何度こすっても消えません。中にはゴミが入っているの気泡もあって、もうちょっと使って気が済んだら新しいシートを買おうと思います。ちょっとしたイラストや四コマは完全に液タブとクリスタで作業するようにしていて、時間が掛かって疲れて仕方がないです。まだ、適正に使えるまでになかなか至らないですね。
 
 確定申告の作業の真っ最中で、今年はwindows10をインストールしたmac book airマクドやコンビニのイートインで作業をしています。間違って買ったテンキーもwindows10をインストールしたら使えるようになってとてもいいです。premire elementも使えるようになったので、ラジオをの編集もしています。ただ、ストレージが最低のものなので、すぐに容量が足りなくなりそうです。今後もずっと使うようなら大容量のSSDに交換もしてみたい気もするのですが、3万円くらいするので慎重に考えたいです。ただ、windows10を入れたらこれまであまり好きでなかったmac book airに親しみがわいて、東京にも持っていくようになりました。そもそもなんでmac book airなどを買ったのかというとスマホをiphone6sにした時にPCとの親和性が高い方がいいのかなと思ってそうしたのですが、特に関係なかったです。それまで4万円の安物のノートパソコンで、スタバなどで高級品をかっこよく使ってみたかった。mac book airなどと言ってるのに大して軽くないし、全然好きになれなかった。ガレージバンドで子どもの歌を作ってみたかったのもあって、買った当初は取り組んでいたんだけど途中で飽きてやめてしまい、先日windows10をインストールする時に聞き返したら、あまりにひどいできで、恥ずかしくなって消してしまいました。容量も、ほぼテキストでしか使ってないので、多分これから先も足りなくなることはほぼないでしょう。モニターの色が変になるとか、挙動がおかしくなるとかするまで使い倒したいものです。
 
 さて、トータル冊数は少ないながら読書は小説が3冊と、まあまあでした。町屋良平さんの『1R1分34秒』が素晴らしかったです。
 
 
 
koizumi69の本棚 - 2019年02月 (7作品)
論破力 (朝日新書)
powered by Booklog

1月に読んだ本

 XP-PENという中国製の液晶タブレットで、クリスタで本格的に漫画を描こうとしていて、それというのも作画で使っているパソコンがvistaでPhotoshop5.5という旧式にも程があるものでいよいよ挙動が怪しくなっていて、突然フリーズするようになって来ておりました。こんなシステムでの作業が体にしみついていて、何しろ15年くらい同じ方式でしているから、これまで何度コミスタやクリスタに移行しようとしても全然できませんでした。しかしパソコンがつぶれてしまったらおしまいです。それで、なんとか安いけど22インチの画面を誇るXP-PENを、自宅の他に実は2代目を仕事場のアパートにも導入しました。何しろ同様の製品がワコムでは3倍くらいの値段で、しかもオレが買った時は割引のクーポンが発生しており、4万ちょっとで買えたのです。
 
 ところが、アマゾンで買って設置した途端、USBの抜き差しをする「ピロリン、ポンポロリン」と言う音がひっきりなしに鳴るようになってしまった。ケーブルを交換したり、ケーブルをテープで固定するなどしたけどダメで、カスタマーサービスに連絡すると、交換になりました。担当の方とメールでやりとりしたのですが、とても感じのいい方でした。新しく届いたら全く何も問題なくて、すごくよかったのだけど、交換前のモニターに貼っていた保護シートを新しいのに付け替えたら気泡がひどい。しかし1枚2千円もしたので、もったいなくて捨てられない。なんとかごしごしこすって気泡を減らしてはいるのだけど、あるにはあるし、もうちょっと使って気が済むまで使ったら、そしてこのシステムでやっていく決意が本当に固まったら新品と交換したらいいのではないでしょうか。今月でとうとう50才にもなるので、新しいのを覚えられない。 

  一方自宅の液タブでは、4才の息子が毎晩お絵かきをしています。最近、オレが仕事で使うのは風邪でアパートに行けなかった時だけでした。毎晩使っているのですごく活用できていていいのですが、それはそれでなんとかしたい問題です。

 

 ipad proのペンが素晴らしいと、確かにちょっと触らせてもらったらすごくてびっくりしたのですが、しかし値段が高すぎる。ペンだけで1万4千円するし、本体も高い。別に外出時に作業することも滅多にないため、オレは元を取るだけ使い倒せる気がしません。そしてiosも全然好きじゃなくて、スマホandroidにしたくらいで、mac osも好きになれなくてMacBook airにもwindowsを入れて使っており、いくら考えても買ってはいけないような気する。新機種が出て今のがアホみたいに値下がりするとかしないと無理だ。

 
 けっこう読書はしていたつもりだったのだけど、漫画雑誌や自費本など読んでいたので、登録できた本がたった4冊だった。展覧会で買ってサインしていただいてそのまま積読だった会田誠さんの『青春と変態』が大傑作でした!
 
 
koizumi69の本棚 - 2019年01月 (4作品)
KAMINOGE 85
KAMINOGE 85
-
読了日:01月17日
評価5
powered by Booklog

12月に読んだ本 あけましておめでとうございます

 実感が全然ないですが平成最後の年ですね、あけましておめでとうございます。12月は前半、疲労骨折の痛みが継続しているなか、今期3回目の風邪でとうとう熱が出て寝込んで1回だけの漫画教室をキャンセルしてしまいました。23日に千葉で子供向けの漫画教室で上京したのだけど、東京素通りで千葉に行って日帰りだったので、ほぼ上京0回でした。12月は例年3回くらい上京していて、忙しかったんだけど、お陰で原稿に取り組むことができました。風邪と積雪とタイヤ交換してなかったため、仕事場のアパートに行けず、自宅でクリップスタジオで4ページの漫画を描きました。それまで4コマ漫画しか描いたことがなくて、ショートとは言え枚数のある漫画をクリスタと液タブで描いて、とても面倒くさかったです。時間も掛かって、クオリティもいつも大したことないですが、いつも以上にあんまりよくなかったです。しかし、作画で使っているvistaとPhotoshop5.5のPCの挙動がおかしくて、復元したら吹き出しの文字の入力ができなくなり、いよいよまずいかもしれないのです。紙で背景まで描いてそれを取り込んでクリスタで仕上げるという手もあるし、完全にフルデジタルにするのもありかもしれない。どうしたものでしょう。もしかしたら背景はデジタルの方が楽かもしれない。そしていつも『バンドしようぜ!』でやっている楽器で3Dデータを使うのは本当にやってみたい。いつもドラムの形がヘンテコで困っています。それが今年の抱負です。「クリスタで3Dデータを使ってみる」。やってみて滅茶苦茶簡単だったらどうしよう。
 
 そんなことがあって、先日パソコン工房に行ってみました。うちのメインPCは2013年くらいに組んだやつで、それから5~6年経過しております。モニタがでかかった。24インチで2万円台とか、CPUもなんかすごそうで、安くすごいのが作れそう。しかし今オレは動画編集をするわけではないから全く不要。みんなあんなパソコンで何やってんだろう。ゲームかな。ゲームなんてもうずっとやってない。そもそもパソコンでゲームしたことがない。
 
 正月明けに締切があって、7日に2本けっこう重いやつ、10日に2本重いのと中くらいの、11日にイラスト、15日にイラストなので年末は30日まで新年は2日からこってり仕事してました。子どもをどこにも連れて行ってあげてない。仕事がないよりずっといいので嬉しい悲鳴。ただ疲れる。
 
 読書は、『喧嘩稼業』が新刊においついてしまいました。ジムでエアロバイクしながら『センゴク天正記』を読んでます。字が多くて面倒くさいのでエアロバイクしながらでないと読む気が起こらなくなってしまった。
 
 ということで今年もどうぞよろしくお願いします!
 
 
koizumi69の本棚 - 2018年12月 (6作品)
KAMINOGE 84
KAMINOGE 84
-
読了日:12月17日
評価5
2年8ヶ月
2年8ヶ月
てらだこうじ
読了日:12月28日
評価4
powered by Booklog

11月に読んだ本

 足の疲労骨折が全然治らなくて毎日湿布を貼っていたらかぶれて痒くなってかいていたら血だらけになっていた。お医者さんに言うと塗り薬を出してくれた。そうこうしているうちに風邪を引いて、子どもを寝かせていると移ってしまうんだけど、今期3度目で毎回軽い状態で食い止めていて今回も大丈夫だろうと思っていたらひどい咳と鼻水と熱で本格的に引いてしまい、散々だ。
 
 仕事部屋でなんか寒いなと思って暖房を高くしても寒い、もしやと思って熱を測ったら37℃で最高で38,2℃まであがった。それでも手を休めることはできないのでとってもつらかった。みなさんも風邪には気を付けてくださいね!
 
 本は、ずっと読んでる漫画の『喧嘩商売』と『センゴク』が読み終わったと思ったら、全く終わっておらず別名義のシリーズとして続いていたので、継続して読んでいます。完結していると思って読み始めたのにそのうち連載に追いついてしまう。水道民営化の法案が通りそうで恐ろしいですが、それは『日本が売られる』で読んだばかりなので本当にやめてほしい。普段社会に関心が全然ないので、読書のお陰でリアルタイムの話題に関心を持つことができて嬉しいです。
 
 
koizumi69の本棚 - 2018年11月 (8作品)
東十条の女
東十条の女
小谷野敦
読了日:11月12日
評価4
powered by Booklog

10月に読んだ本

 10月8日に新潟シティマラソンに出たのですが、その後ずっと足が痛くてランニングを再開しようとするとあまりの痛さに2キロでやめてびっこ引いて帰ったり、その次は500メートルでギブアップして半べそで帰宅。そうこうしているうちに3週間経っても痛みが引かず整形外科に行ってみたらMRIで検査してもらったところ、なんと疲労骨折でした。2ヶ月くらい掛かるみたいです。まいった。幸い、歩くだけならなんとかなるので助かっています。車椅子や松葉杖のレベルでなくてよかったです。
 
 一方仕事は順調で、読書もはかどりました。
 
koizumi69の本棚 - 2018年10月 (11作品)
KAMINOGE 81
KAMINOGE 81
-
読了日:10月04日
評価5
KAMINOGE 82
KAMINOGE 82
-
読了日:10月09日
評価5
地球星人
地球星人
村田沙耶香
読了日:10月15日
評価4
Q&A (幻冬舎文庫)
Q&A (幻冬舎文庫)
恩田陸
読了日:10月30日
評価4
powered by Booklog

9月に読んだ本

 ようやくちょっと釣りに行くことができて、今年もカマスが釣れました。ジグサビキが餌を買わなくてもいいので、手軽で好きになってきた。メインはジグサビキで釣った豆アジを餌にして泳がせブッコミで、2回くらいしかやってないけど、今のところ不発です。ジグサビキではたいていサビキでしか釣れないけど、ヒラメとメバルがジグで釣れました。ヒラメをルアーで釣るのは長年の目標だったし、メバルはこれまで釣った中で最大だったので興奮しました。

f:id:koizumi69:20180918191042j:plain

 今年もアオリイカはダメだった。
 
 東京新聞の『すくすく』というサイトで里親映画を紹介する連載を始めさせていただきました。映画紹介は『映画秘宝』今月も城定秀夫監督の『恋の豚』を紹介させていただいているのですが、連載で何かするのは初めてなのでとても嬉しいです! 特にこの連載では里親になろうかどうしようか迷っているような人の背中を押すようなものにしたいと願っております。
 
 
 さて、読書ですが660ページもある『ヘルズエンジェルズ』と文章が合わず読むのに苦労した『ベルカ、吠えないのか?』で何日も掛かってしまったためカミノゲが2か月分たまってしまいました。他にずっと読みたかった漫画の『喧嘩商売』と『センゴク』をちょっとずつ読んでおります。
 
koizumi69の本棚 - 2018年09月 (6作品)
睡蓮
睡蓮
早坂類
読了日:09月24日
評価4
powered by Booklog

8月に読んだ本

 10月の新潟シティマラソンにエントリーしていて、その調整イベントの新潟30Kに出ました。ハーフマラソンは苦も無く走れたので、苦しいほど頑張ってないだけですが、簡単に考えていたら滅茶苦茶苦しくて途中ばてて歩いたりよろよろと走ってみたり、歩くと、靴の中で足が腫れているのか、つま先が靴に当たって足の指先が痛くて痛くて、走ったほうがまだましだと泣きそうになりながらどうにか3時間45分で棄権せずにゴールしました。制限時間が4時間だったのでぎりぎりでした。すっかり自信喪失で、それまでの自惚れが恥ずかしくて仕方がないです。15キロくらいからもうしんどかったので、気温もあるでしょうか、靴も新しいのだったし、それより何より練習不足、調整不足でした。以前は週1ペースだったのを8月から中4日ペースに変更したのだけど、天気が悪くてみなとトンネルで2往復とか3往復しかしないような、いいわけみたいな日もありました。大会当日までに30キロを2回くらい、できればフルも1回走って足をそれなりに対応できる形にしなければならないと思いました。ゴンズイに刺されたとき以来の苦しみで、本当にひどい目に会いました。
 今回のコースは5キロを6週という非常につまらないコースで、自分でやっていたら絶対に飽きてやめるに決まっています。普段走っている10キロのコースを3週も4週もするとはとても思えないのでコースをまず考えないといけないので億劫です。
 
 
 
 
koizumi69の本棚 - 2018年08月 (10作品)
KAMINOGE 80
KAMINOGE 80
-
読了日:08月05日
評価4
民宿雪国
民宿雪国
樋口毅宏
読了日:08月11日
評価4
羆嵐 (新潮文庫)
羆嵐 (新潮文庫)
吉村昭
読了日:08月16日
評価5
powered by Booklog